2009年7月24日

パーソナルメディア株式会社
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-29-1 コイズミビル
TEL.03-5759-8305 FAX.03-5759-8306
E-mail:sales@personal-media.co.jp
(超漢字ウェブサイト)http://www.chokanji.com/

「超漢字Vエスペラント対応キット」の無償提供を開始

日本のオリジナル技術を活用して国際交流に貢献

ソフトウェアメーカーのパーソナルメディア株式会社(代表取締役:松為彰、本社:東京、電話:03-5759-8305、資本金 1,000万円)は、パソコン用トロン仕様OS(*1)の最新版である「超漢字V(ブイ)」のエスペラント対応キットの開発を完了し、7月30日より超漢字ウェブサイト(http://www.chokanji.com/)にて無償提供を開始いたします(*2)。「超漢字」は、世界で初めてエスペラント語での操作が可能なパソコン用の商用OSとなります。

「超漢字」は、TRONプロジェクト(http://www.tron.org/) の成果の1つとして開発された、日本生まれのパソコン用OSです。大漢和辞典(*3)を含む日本や中国の15万字以上の漢字、世界各国の文字など、合わせて18万字以上の漢字や文字を自由に扱えるほか、実身仮身と呼ばれるハイパーメディア構造を使って文書を管理することができ、コンパクトでリアルタイム制御も得意(*4)といった特長があります。

一方のエスペラント語は、国際共通語として既に120年の歴史を持ち、その利用者は全世界で100万人に達します。お互いの言語や文化を尊重しつつ、対等に国際交流・民際交流を行うことを目的とした言語です。

Windowsの場合、Wordなどのアプリケーションの中でエスペラント語を扱うことは可能ですが、OSやアプリケーションのメニューやメッセージは日本語や英語で表示されます。これに対して、「超漢字Vエスペラント対応キット」ではOSから主要なアプリケーションのすべてを世界で初めてエスペラント化し、エスペラント語の分かるユーザが容易に操作できるパソコン環境をご提供します。

パーソナルメディアでは、従来から「エスぺラントTRON研究会」の有志の協力を得て、「超漢字」でのエスペラント語の利用に取り組んできましたが、今回は特にWindowsパソコン上で動作する最新版の「超漢字V」への対応を行いました。「超漢字V」では仮想化ソフトを用いてWindowsの環境と超漢字の環境を手軽に混在できるため、この度ご提供する超漢字Vエスペラント対応キットにより、さらに幅広いお客様にエスペラント化された超漢字をご利用いただけます。

エスペラント語も超漢字も、さまざまな文化、言語、文字などの存在や多様性を認めつつ、それらの間の交流のツールやメディアとなることを目指したものであり、この点において両者の理念が一致しています。エスペラント化された超漢字Vは、漢字というアジアの文化と、トロンという日本のオリジナル技術を発信し、国際交流に役立てるための強力なツールとなります。パーソナルメディアでは、世界中の多くのエスペラント利用者に「超漢字V」をご利用いただくことにより、微力ながら、国際交流を通じた世界平和に貢献したいと考えております。

(*1)
OSとはオペレーティングシステムの略で、「基本ソフト」とも呼ばれます。その上でいろいろなアプリケーションを動かすための土台となるソフトウェアです。
(*2)
エスペラント対応キットは無償で提供いたしますが、ご利用には「超漢字V」(標準価格/税込18,900円 本体価格18,000円) が別途必要です。
(*3)
『大漢和辞典』諸橋轍次著 大修館書店刊(修訂第二版に完全準拠)
(*4)
超漢字と同じトロン仕様OSであるITRONおよびT-Kernelは、デジタルカメラ、業務用端末、カーナビ、プリンタ等を含む多くの組込み機器の制御用OSとして利用されています。

画面写真

超漢字Vエスペラント対応キットの画面 (PNG画像, 1024x768px)

補足資料

超漢字Vエスペラント対応キットの利用場面

エスペラント使用者の間では、海外からの旅行者を自宅に招待する機会も少なくありません。「超漢字」にエスペラント対応キットを入れておけば、このような場合に、通常日本語で利用している超漢字Vを一時的にエスペラント語に切り替え、エスペラントを使用する海外からの旅行者にも利用してもらうことができます。エスペラント化された環境でインターネットを閲覧したり、エスペラント語でメールをやりとりすることは、超漢字の持つ多くの漢字や文字の魅力を海外のエスペラント使用者に知ってもらうきっかけにもなり、エスペラント語を通じた国際交流がさらに深まります。

「超漢字」とは

「超漢字」とはTRONプロジェクト(http://www.tron.org/) の成果の1つとして開発された、日本製としては唯一のパソコン用のOSです。「超漢字」の最大の特長は、日本生まれの強味を最大限に活かして、漢字や文字の扱いが得意なことです。多数の人名用異体字や住基ネット統一文字、旧字体、トンパ文字、変体仮名などを含む18万の漢字や世界各国の文字をどこでも自由に使える多漢字・多文字機能、簡単な操作で漢字や文字の検索や入力ができる文字検索ツール、異体字を含めたあいまい検索が可能な異形字ゆらぎ検索機能などを備えており、顧客名簿の作成、図書館などの蔵書の管理、中国、台湾、韓国などアジア諸国の文献のデータベース化、海外赴任地での現地語と日本語の混在利用、国文学の研究など、多くの用途があります。文字検索ツールでは、漢字の読み方、部首、文字コード、画数はもちろん、異体字、関連字からの検索が可能であり、強力な字典ソフトとしても活用できます。

「超漢字」は1999年に発売された後、「超漢字2」「超漢字3」「超漢字4」とバージョンアップを重ねながら、多くのお客様にご利用いただき、高い評価をいただいてきました。最新版の「超漢字V」は、Windows用のアプリケーションと一緒に動作させることができ、より多くの環境で気軽に使えるようになっています。また、WordやExcel、Internet ExplorerなどのWindow用アプリケーションと、超漢字上で動く文字検索ツールとの間で、漢字や文字の切り貼り(Copy & Paste)を行うことができます。読み方の分からない漢字や、人名、地名の異体字をWordやExcelに入力する際にも、超漢字Vの強力な文字検索ツールをご利用いただけます。

超漢字のアプリケーションには、ブラウザ、メール、ワープロ、図形編集、表計算、カード型データベースなどが標準添付されているほか、超漢字の機能により正確な字形で辞書コンテンツを表示できる「超漢字統合辞書」、執筆のリズムを崩さず、推敲や校正の作業を支援する原稿執筆ソフト「超漢字原稿プロセッサ2」など多数の超漢字用別売アプリケーションソフトが発売されています。

参考情報

エスペラント関係のホームページには以下があります。


  • TRON は "The Real-time Operating system Nucleus" の略称です。
  • BTRON は "Business TRON" の略称です。
  • BTRON, ITRON, T-Kernel はコンピュータの仕様に対する名称であり、特定の商品を指すものではありません。
  • B-right はパーソナルメディア株式会社の登録商標です。超漢字はパーソナルメディア株式会社の商標です。
  • Windows, Word, Excel は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 本資料に記載された製品の仕様、画面イメージ、価格などは、発表日現在のものです。最終的に販売される製品では、変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。ご購入の際は、最新情報をご確認ください。

HOME > 関連情報 > プレスリリース > 「超漢字Vエスペラント対応キット」の無償提供を開始