バックアップに関するご質問

最終更新日 2014年3月19日(水)

質問一覧

Q.2001
バックアップ時間の短縮方法を教えてください。
Q.2002
書庫管理の利用中に区画の空き容量が十分あるにもかかわらず容量不足となります。
Q.2003
書庫管理の利用中に「ファイル操作においてエラーが検出されました。処理を中断します」のメッセージが表示され、圧縮できません。
Q.2004
1.5GB以上のデータをバックアップ小物でバックアップした際に、バックアップの実身が分割されたのですが、正常な動作なのでしょうか?
Q.2005
バックアップ小物でフロッピーディスクにバックアップしたデータを復元するにはどうすればよいのですか?

回答一覧

Q.2001 バックアップ時間の短縮方法を教えてください。
バックアップの処理は、仮身ネットワークの状態を解析して必要な情報を構築する作業となるため、データの数が多くなればなるほど必要な時間が長くなる傾向があります。従って、データの数を減らしてバックアップすれば効果があります。

たとえば、ネットワークの一番上からではなく、少し下の部分から分けてバックアップした方が効率的です。また、間違ってデータを消してしまった時の復元の手間も減ります。

もしフリーソフトウェアの書庫管理があれば、まずこれを使ってネットワーク構造ごと圧縮した状態の書庫実身を作成し、これをバックアップしたり、あるいは実身複製でフロッピーディスクに複製をとっておくと、バックアップ時のネットワーク解析時間は極めて短くなりますので、処理時間を短縮することができます。

FAQに戻る
Q.2002 書庫管理の利用中に区画の空き容量が十分あるにもかかわらず容量不足となります。
書庫管理では、作業用のファイルをシステム区画(超漢字Vを起動した区画)に作成します。そのため、書庫を作成する区画に十分な空き容量があっても、システム区画の空き容量が足りない場合は、容量不足となり書庫を作成できません。

このような状況では、システム区画の空き容量を増やすか、書庫管理の代わりに、バックアップ小物を使うようにしてください。

FAQに戻る
Q.2003 書庫管理の利用中に「ファイル操作においてエラーが検出されました。処理を中断します」のメッセージが表示され、圧縮できません。
書庫管理の実身に対して再度圧縮処理を行うと、圧縮後のサイズが圧縮前のサイズよりも大きくなるケースがあります。この場合は、ご質問のメッセージを表示して処理を中断します。このような書庫管理実身を含む実身/仮身ネットワークのバックアップには、書庫管理の代わりにバックアップ小物を使うようにしてください。

なお、書庫管理の実身を直接書庫で圧縮しようとした場合には、特殊な処理を行っているため、このメッセージは表示されません。

FAQに戻る
Q.2004 1.5GB以上のデータをバックアップ小物でバックアップした際に、バックアップの実身が分割されたのですが、正常な動作なのでしょうか?
超漢字Vのシステム上の仕様で、1つのバックアップ用の実身のサイズは、最大1.5GBになるようにし、それを超えた部分につきましては、分割してバックアップ用の実身を作成しています。

FAQに戻る
Q.2005 バックアップ小物でフロッピーディスクにバックアップしたデータを復元するにはどうすればよいのですか?
以下の手順でバックアップ小物でフロッピーディスクにバックアップしたデータを復元してください。

手順
  1. バックアップ小物を起動します。
  2. [復帰]をクリックします。
  3. フロッピーディスクを使う方法の接続方法を参考に、超漢字Vにバックアップ小物でバックアップしたフロッピーディスクを接続します。
  4. 自動的に「復帰ディスク」と表示されたパネルが表示されますので、[復帰開始]をクリックします。

●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「基本項目」-「文書管理」-「バックアップ」-「保存された文書をハードディスクへ戻す」

FAQに戻る

ページの先頭へ戻る

HOME > サポート情報 > FAQ集 > バックアップ