基本図形編集に関するご質問

最終更新日 2014年3月19日(水)

質問一覧

Q.1301
単純に図形を重ねると、下にある図形が隠れてしまいます。隠れないようにして重ねるにはどうすればよいでしょうか?
Q.1302
基本図形編集で、文字セグメントを垂直に並べてグループ化しました。これを[図形操作]メニューを使って90度回転させたら、90度ではないおかしな角度に回転してしまいました。なぜでしょうか?
Q.1303
基本図形編集で、ピクセルマップに対して1677万色の画像形式を指定する方法を教えてください。
Q.1304
基本図形編集で、1677万色から任意の色を指定して塗り潰す方法を教えてください。
Q.1305
基本図形編集でパターン編集ウィンドウから呼び出す色の選択パネルには「色相」、「彩度」、「明度」があって、それぞれ上限の値が239、240、240となっていますが、この値は何を意味するのでしょうか?
Q.1306
画用紙のサイズを4000×4000以上のサイズにすることは可能ですか?
Q.1307
描いた図形を拡大・縮小することができますか?
Q.1308
描いた線の種類を変更することはできますか?
Q.1309
一般図形(直線、長方形、円等)や文字をピクセルマップ枠内に焼き付ける方法がわかりません。
Q.1310
Windowsから取り込んだ画像を編集することはできますか?
Q.1311
画用紙に入力した文字のサイズを変更することはできますか?
Q.1312
描いた三角形の中に色を塗ることはできますか?

回答一覧

Q.1301 単純に図形を重ねると、下にある図形が隠れてしまいます。隠れないようにして重ねるにはどうすればよいでしょうか?
描画パターンに「透明」を指定すれば下にある図形も見えますが、今度は「透明」にしたほうの図形が見えなくなってしまいます。

部分的に透明を含んだパターンを使うことにより、図形を重ね合わせた効果を得ることができます。パターンの透明のドットに対して、下にある図形が透けて見えるからです。1ドットおきに交互に透明色が現れるような非常に細かいパターンを作ると、ちょっと見た目には単色のように見えるため、面白い効果を得ることができます。

FAQに戻る
Q.1302 基本図形編集で、文字セグメントを垂直に並べてグループ化しました。これを[図形操作]メニューを使って90度回転させたら、90度ではないおかしな角度に回転してしまいました。なぜでしょうか?
文字セグメントを回転させた場合、理想的には、文字の方向や幅などの情報を含めて、他の図形と一緒に回転できればよいのですが、基本図形編集にはその機能がありません。

しかし、文字セグメントがあるときに全く回転できないのも変なので、文字セグメントが含まれている場合には、その位置情報だけを回転させて、できるだけ近い位置になるように配置します。ただし、文字セグメントには、文字列の幅という情報があるため、単純に位置を変更すると、グループ化したセグメントの大きさが変化してしまう場合があります。この場合には、全体の大きさが変化しないように、位置を補正しようとするため、みかけ上おかしな角度回転したかのような結果になることがあります。

FAQに戻る
Q.1303 基本図形編集で、ピクセルマップに対して1677万色の画像形式を指定する方法を教えてください。
以下の手順で、ピクセルマップに対して1677万色の画像形式を指定することができます。

手順
  1. 画像形式を指定したいピクセルマップを選択します。
  2. [図形操作]メニューの[画像形式変更]を選びます。
  3. スクロールセレクタのある16色、256色、65536色、1677万色のうち、変更したい色形式、たとえば1677万色を選択し、[確認]スイッチをクリックします。
画像形式の変更は、その直後であれば[編集]-[取り消し]を選んで、変更を取り消すことができます。

●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「図形を描く」-「ピクセルマップ」-「ピクセルマップとは?」の「■ピクセルマップの画像形式」

FAQに戻る
Q.1304 基本図形編集で、1677万色から任意の色を指定して塗り潰す方法を教えてください。
1677万色から任意の色を指定して塗り潰しを行なう場合、以下の4つの手順を踏みます。

  1. 1677万色から任意の色を指定する。
  2. その色で100%塗り潰しパターンを作成する。
  3. そのパターンをパレットにのせる。
  4. パレットからその色を選んで塗り潰す。
以下に詳細を示します。

手順
  1. 道具パネルの描画パレットをダブルクリックします。
    パターン編集ウィンドウが表示されます。
  2. パターン編集ウィンドウの選択色表示領域をダブルクリックします。選択色表示領域は、パターン編集ウィンドウの中央、回転パーツ(曲がった矢印)の下にある矩形部分です。
    色の選択パネルが表示されます。
  3. 色の選択パネルで、RGB値、またはHSL値を指定して任意の色を指定し[確認]スイッチをクリックします。
    パターン編集ウィンドウにもどります。
    選択色表示領域に、色の選択パネルで指定した色が表示されます。
  4. パターン編集ウィンドウで矩形塗り潰しパーツをダブルクリックします。矩形塗り潰しパーツは、パターン編集ウィンドウの中央、鉛筆の真下にある矩形部分です。
    選択色で100%塗り潰しパターンが作成されます。
  5. パターン編集ウィンドウで[入替]スイッチをプレスし、前ステップで作成したパターンと、パレットの上のある色とを入れ替えます。
    パレット上に、作成した色がのります。
あとは、描画パレット、または線パレットのプレスによりパレットを表示し、パレットから作成した色を選択して利用することになります。

FAQに戻る
Q.1305 基本図形編集でパターン編集ウィンドウから呼び出す色の選択パネルには「色相」、「彩度」、「明度」があって、それぞれ上限の値が239、240、240となっていますが、この値は何を意味するのでしょうか?
超漢字Vでは、HLS(Hue, Lightness, Saturation)カラーモデルを使用しています。それぞれの値は以下に示す範囲の数値で表現しています。

名称範囲超漢字での値の範囲
Hue 色相0〜359度0〜239
Lightness 明度0〜100%0〜240
Saturation 彩度0〜100%0〜240
※色相は角度ですので、360度は0度と同じとなります。超漢字での色相では240と0は同じとなります。

以下の計算式により、相互の数値の変換ができます。
    色相(0〜359度)=(超漢字の色相)÷240×360
    明度(0〜100%)=(超漢字の明度)÷240×100
    彩度(0〜100%)=(超漢字の彩度)÷240×100
    (超漢字Vの色相)=色相(0〜360度)÷360×240
    (超漢字Vの明度)=明度(0〜100%)÷100×240
    (超漢字Vの彩度)=彩度(0〜100%)÷100×240
    
●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「図形を描く」-「基本図形編集:基礎知識」-「パターン」-「パターンを編集する」

FAQに戻る
Q.1306 画用紙のサイズを4000×4000以上のサイズにすることは可能ですか?
基本図形編集の画用紙の最大サイズ4000×4000です。それ以上の大きさにすることはできません。

●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「付録」-「資料」-「制限表」の「■基本図形編集」

FAQに戻る
Q.1307 描いた図形を拡大・縮小することができますか?
描いた図形をクリックし、ちらつき枠をつかんでドラッグすることで、描いた図形を拡大・縮小することができます。

●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「図形を描く」-「図形の選択・移動・複写・拡大・変形」-「部品を拡大・縮小する」

FAQに戻る
Q.1308 描いた線の種類を変更することはできますか?
変更したい線をクリックし、道具パネルの線種パレット(左上から3つ目)をプレスすると線の一覧が表示され、線の種類を変更することが可能です。

●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「図形を描く」-「部品の属性」-「線、枠の種類を変える」

FAQに戻る
Q.1309 一般図形(直線、長方形、円等)や文字をピクセルマップ枠内に焼き付ける方法がわかりません。
以下の手順で一般図形(直線、長方形、円等)や文字をピクセルマップ枠内に焼き付けることができます。

手順
  1. 一般図形(直線、長方形、円等)や文字が書かれている画用紙を開きます。
  2. 道具パネルの「キャンバス」をクリックします。
  3. ポインタを画用紙のウィンドウ内に移動させます。
  4. ポインタが十字に変化しますので、ピクセルマップにしたい一般図形(直線、長方形、円等)や文字の範囲を指定します。
  5. 道具パネルの「選択指」をクリックします。
  6. ピクセルマップ枠がちらつき枠で表示されます。
  7. メニューから[編集]-[いちばん後ろへ]を選択します。
  8. 範囲指定した一般図形(直線、長方形、円等)や文字がピクセルマップ枠の上の表示されます。
  9. メニューから[図形操作]-[焼き付け]を選択します。
  10. ピクセルマップ枠内に、一般図形(直線、長方形、円等)や文字が焼き付けられます。

●「取扱説明書」小物からの検索
[索引]から「や」-「焼き付け」

FAQに戻る
Q.1310 Windowsから取り込んだ画像を編集することはできますか?
共有フォルダ参照小物やファイル変換小物で、変換方式:画像(BMP)、画像(JPEG)、画像(PNG)で取り込んだ画像をダブルクリックし、ウィンドウ内に表示されている画像をダブルクリックすることで、ピクセルマップの編集ができます。


●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「図形を描く」-「ピクセルマップ」-「ピクセルマップとは?」

FAQに戻る
Q.1311 画用紙に入力した文字のサイズを変更することはできますか?
画用紙に入力した文字をクリックしちらつき枠が表示される状態にし、道具パネルから「字」をプレスすることで文字サイズの一覧が表示されるので、該当の文字サイズを選択してください。


●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「図形を描く」-「部品の属性」-「文字の大きさを変える」

FAQに戻る
Q.1312 描いた三角形の中に色を塗ることはできますか?
道具パネルの中のテンプレート[多角形](多角形)をクリックし、三角形を描いた後に、道具パネルの中の描画パレットから塗りたい色を指定します。

●「取扱説明書」小物からの検索
[目次]から「図形を描く」-「一般図形 」-「多角形を描く」

FAQに戻る

ページの先頭へ戻る

HOME > サポート情報 > FAQ集 > 基本図形編集